眼瞼けいれん

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

再診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

menu

眼科一般

緑内障について

小児眼科

ドライアイ

花粉症について

コンタクトレンズ処方について

眼鏡処方について


眼の病気について

いなげコンタクト

いなげ眼科のお隣にある「いなげ歯科」

いなげ眼科

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-21-10
豊電ビル3F

03-6380-2668

【診療時間】

9:30~13:30 / 14:30-17:30

【休診日】

日曜・祝日
火曜午後・木曜午後・土曜午後

高田馬場駅「戸山口」改札を出て左手(東側)にお進み下さい。
右手の階段を上り道なりに進まれ、「漢方薬 天龍堂」の角を左折。
道なりに進まれ「セブンイレブン」のある交差点を右折。100m程進まれますと豊電ビル(当院3F)がございます。
お近くの方は1Fの「サイゼリア 高田馬場店」を目印にお越し下さい。

早稲田方面からお越しの患者様へ

目白・雑司が谷方面からお越しの患者様へ

駅から動画新宿区ドクターズ

患者様の声新宿区ドクターズ

眼瞼けいれんとは?

自分の意志に関係なく、両目のまわりの筋肉が勝手に痙攣(けいれん)し、目が開けにくくなる病気です。
眼瞼けいれんの症状は目に現れますが、原因は目やまぶたにあるのではなく、脳内から正しい指令が伝わらず、目の開閉がうまく機能しなくなるものです。
50~70歳代の、特に女性に多くみられる病気でが、まれに、20歳代でも起こることがあります。また、女性のかかる割合は、男性の約2倍といわれています。
過剰なストレスや一部の睡眠導入薬が誘因になることもありますが、普通に生活している方にも多い病気です。

■眼瞼けいれんの症状

初期には、まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目の乾き、目がショボショボするなど、ドライアイに似た症状がみられます。
更に進行すると、自分の意志で目を開けようとしても、目を開けられなくなり、手を使って開けなければならないようなこともあります。

■眼瞼けいれんの治療法

■ボツリヌス療法

眼瞼けいれん、片側顔面けいれんの治療として、ボツリヌス療法があります。
この治療法は、緊張している筋肉に緊張をやわらげるお薬(ボツリヌストキシン)を注射することで痙攣(けいれん)や収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。
この治療法は世界80カ国以上(2012年10月現在)で許可され、広く用いられています。
日本では現在、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸などの病気の治療法として許可され、保険適用されています。尚、お薬の効果はおよそ2~4カ月です。
※効果の期間には個人差がございます。
まれに、お薬の効きすぎで「目が閉じにくくなる」、「まぶたが下がる」などの副作用が起こることがありますが、いずれも一時的なものです。このような症状が現れた際は、医師にご相談ください。

■内服薬による治療

眼瞼けいれん、片側顔面けいれんのいずれにも、筋弛緩薬、抗てんかん薬、抗不安薬などの内服薬を使うことがあります。